任意整理後の住宅ローンは?

任意整理後に新たに組む住宅ローンについて

ローン審査まず初めに、信用情報においてブラックリスト扱いとなるか?ならないか?ということが重要です。

任意整理し、過払い請求や減額を行った場合は、同じ債務整理の中でも自己破産や個人再生と比較すると、貸主である金融機関などに与えるダメージには違いがあります。可能である限り返済するという借主の意思が窺えるということです。なおかつ、任意整理によって過払い金が判明したり、返還された金額で借金残高が完済できる場合には、個人信用情報機関にブラックリストとして扱われることはなくなります。

上記以外の場合は、信用情報にブラックリストとして載ってしまうことになり、任意整理後5年~7年ほどはクレジットカードをはじめとして住宅ローンの審査(借り換えも含め)も通すことは難しくなります。借金を作る行為自体、当面自粛しなければなりません。

住宅ローンで審査すること

住宅ローンで審査することそもそも住宅ローンを組むにあたり、申し込みを受けた金融機関では何を審査するのでしょうか。「住宅ローンを申し込んだ本人の年収」「勤務先」「本人の信用情報(ブラックリスト)」などを審査し、ローンの融資をするか否か判断します。以上を踏まえると任意整理中はもとより、完済後、信用情報に掲載されている間は住宅ローンの審査に通ることは困難でしょう。しかしながら、任意整理後5年~7年を経過すると事故情報は消えてブラックリストではなくなるため、その後はクレジットカードをはじめ、住宅ローンに申し込み、審査を通過することは可能になります。繰り返しになりますが、信用情報のブラックリストから消えるのは任意整理が完済してから5年から7年ほど経過した頃です。
任意整理ののちに住宅ローンを考えている方への最適な方法とは、任意整理にて返済を行いながら貯蓄もし、頭金を貯めるなりして5年以上経過してから住宅ローンを申し込むことをお勧めします。

住宅ローン審査申し込みで注意すること

ただし、任意整理した相手先の金融機関やそのグループが運営する金融機関ではグループ各社の間で情報を共有し活用しています。任意整理した消費者金融業者に関連する銀行などに申し込みを行った場合、5年以上経過しても住宅ローンの審査が通らなくなる可能性が高くなります。ですので、任意整理をした金融機関とは関連性のないところに銀行口座を開き、少額でもよいので継続的に貯蓄しておき、少しずつでも信用を構築していくのが良いかと思われます。

 

任意整理について・メインメニュー

任意整理について 任意整理の対象となる借り入れ 任意整理後の住宅ローンは?
任意整理後のクレジットカードは 任意整理のメリット・デメリット 任意整理と特定調停との違い
 任意整理のQ&A  北法律相談事務所TOP  

copyright© 北法律事務所. all rights reserved.