任意整理後のクレジットカードは

新たな借入れをしないためにもクレジットカードは全て解約

任意整理後のクレジットカード通常、任意整理手続きに取り掛かると、現在持っているクレジットカードは全て解約することになります。では、債務整理した後はどのようになるのでしょうか?任意整理の後は個人信用情報機関に金融事故情報(ブラックリスト)が掲載されてしまうので新しいクレジットカードが作れなくなります。クレジットカードを申し込むと、信販会社は信用機関の情報を照会しますが、どの機関の情報を見るかは信販会社がどの機関に加盟しているかによって異なります。

とは言え、これらの信用機関では情報を共有しているので、5年から10年は債務整理の記録が残ると考えたほうがよいでしょう。事故情報記載の期間を過ぎれば通常通り新しいカードを作ることができるようになります。

現在持っているクレジットカードを任意整理の後も持ち続けることができるのか。

任意整理の後のクレジットカード任意整理というのはいくつかある債務から整理したいものを選べるのが特徴です。したがって残したいカードを任意整理から外すことは可能です。整理対象外としたクレジットカードでの利用がショッピングの一括払いのみであり、任意整理後も分割払いやローンを組む、ということがないのであれば今まで通りに使える可能性もあることでしょう。

しかし、任意整理後にクレジットカードのローンを申し込んだり、分割払いを申し込むと金融業者が個人信用情報機関で照会を行うため、任意整理を行っている最中だということがわかってしまう可能性が高いです。任意整理を行っている期間中にカードの更新期限が来たり、支払いが滞った時に個人信用情報が紹介されてしまうと情報の登録が削除されるまでクレジットカードは利用できなくなります。

信用情報に債務整理の記録があってもクレジットカードが作れることもある

個人信用情報に債務整理の記録があるからといっても必ずしもクレジットカードの審査に落ちるというわけではありません。各クレジット会社の審査基準次第ということになります。「審査の甘い」クレジットカードもあり、収入状況なども考慮される場合があります。

信用情報のみで判断されることがすべてではないので債務整理後すぐでもクレジットカードが作れることも全くないとは言えません。もちろん、クレジット機能がないETCカードなどは作れる可能性が高いと思われます。

 

任意整理について・メインメニュー

任意整理について 任意整理の対象となる借り入れ 任意整理後の住宅ローンは?
任意整理後のクレジットカードは 任意整理のメリット・デメリット 任意整理と特定調停との違い
 任意整理のQ&A  北法律相談事務所TOP  

copyright© 北法律事務所. all rights reserved.