相続・遺言

相続問題

人は亡くなると、それに伴い生前の経済活動によって培ってきたものを所有して管理したりする事が出来なくなります。これのよって生じるのが相続です。
相続人の間で、不動産、預貯金、現金などのプラスとなるものと、借金などのマイナスになるもの範囲を確認した上で、相続人同士の話し合いで分割方法や各人の取り分等について決定していきます。
遺言書の有無、相続人の間で争いが無いかなど確認しながら手続を踏む必要があります。

 

遺言書の作成

遺言書を作成するというのは、それ自体が悲観的なイメージを持ってしまいがちですが、現代の高齢化社会や離婚率の増加などの家庭環境を取り巻く社会状況の中で、とても大切な意味をもちます。
遺言書を残す事で、遺族の争いを未然に防ぐ事ができ、大切な人の将来を守ってあげる事ができます。

 

相続も突然起こる事もありますし、遺言書の作成の仕方も分からない場合も多くあります。将来、起こりうるトラブルを少なくする為にも、法律の専門家である弁護士へのご相談をお勧めいたします。


copyright© 北法律事務所. all rights reserved.